読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

あら、涼しい!

 冷たい風が吹き始めました

 屋内温度が、昨日までに比べ、3°ほど低下しているようです。網戸を通って来る風が、時に、寒さを感じさせます。秋?ではないようですが、助かります。この後、台風が適度な雨を運んできてくれたら・・・、と願ってはいるのですが。

 今日は、車検終了で、車を受け取りに。毎度のことですが、優秀なはずの日本車、車検から車検までの期間が短すぎます。それに、高額な車検代。どこぞの高級役人が、どこぞと癒着の結果でしょうか。年金暮らしには、相当こたえるのですヨ。ここの集落ですと、車無しでは、生活しにくい面がありますから、車を手放すのも考えものですし。マ、大企業には儲けさせ、庶民のことはほったらかしにするこの国(消費税はその最たるもの=輸出戻し税)、知ったことじゃ~無いんでしょうね。ヤエヤレ。

          縄文人に、夏ばて無し!