読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

心の火を・・・

 消さないで

 故、宇野重吉氏の子息、寺尾聰主演のTVドラマの一節。

 久しぶりに、ホンワカ感覚です。何も、ドラマに流されたわけではなく、忘れていたものを、思い出させてくれたことに、感謝です。

 「心の火」私には、がつんと来る表現です。恐らく、縄文人的人達には、納得がいく語彙と思われます。

 

      縄文人は、心の火を見つめながら・・・