読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

猪横行

 ここ何日かの出来事

 S嬢の畑(昨夜)、芋は掘り終わっていた様で事なきを得たようですが、その替わり、大根を狙われた由。WMが古くなると、押し曲げられるようです。当地の専門家の言では、兎に角体当たりで押しまくることしか脳がないとのこと。S嬢の侵入部は、トタン等を使い3重程に補強していたらしいのですが・・・。

 人ごとではありません。実は16日に急襲された芋畑、補強はしていたのですが、気になっていた入り口を襲われました。20日の出来事。ここも、WMは古く、押し曲げられ、上方に移動させられていました。

f:id:jyoumonjin:20161023205910j:plain

 少し、猪を甘く見ていましたネ。実は、この畑、作付け当初から「一年間は、なかったものと思ってくれ」と、カカには伝えていたのですが、これ程とは・・・。これで、大凡の検討はつきました。総点検で、次に備えます。そう言えば昨夜、叔母を迎えに出たカカ、懐中電灯に驚き逃走する猪を発見、「大きかったヨ~」。もしかして、家の畑を襲い、S嬢の畑を襲った”奴”か?

f:id:jyoumonjin:20161023210530j:plain

 取り敢えず、応急処置です。 ↑ は、哀れを止める芋畑。

f:id:jyoumonjin:20161023210640j:plain

 さて、「のとこ」では地豆が。私のお手伝い(18日)。

f:id:jyoumonjin:20161023211007j:plain

f:id:jyoumonjin:20161023211129j:plain

 そして、庭には桃の花(19日)。

f:id:jyoumonjin:20161023211325j:plain

 は~~~・・・、猪め~。

 

        縄文人、常に前向きに(グスン)