読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

ホ~ホケキョ!!

 数日来のご訪問、午前8時前です

 のた~りとした朝を引き締めてくれます。おはようと呟きながら、起床。本来、目覚ましは要らない生活なので、いわば、贅沢な目覚ましです。

 贅沢と言えば、今日はこれ、ツワです。「のとこ」を一周しただけ。

f:id:jyoumonjin:20170330215423j:plain

 ミニディでも評判(=話題)になったようで、ツワは、皮を剥き調理するモノですが、その皮、指先を真っ黒にする程の灰汁がある様です。ワダスの幼き頃、亡母に皮剥きさせられた経験からも、間違い有りません。

 本日の作業は・・・、甘藍が油断をすると、「裂ける」ということ。

f:id:jyoumonjin:20170330220132j:plain

 今期最後の夏ミカン収穫。いつも寄る本家は「シ~ン」。「夏ミカンいかがすか~」は、成りませんでした

f:id:jyoumonjin:20170330220442j:plain

 そして、昨日海岸より担ぎ上げた流れ藻(ホンダワラ)を植木に。上から土を被せています。順に、酢橘・桃・ブドウ。

f:id:jyoumonjin:20170330220921j:plain

f:id:jyoumonjin:20170330221027j:plain

f:id:jyoumonjin:20170330221152j:plain

 

     縄文人、伸びゆく草に、闘志満々