読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

Sea Fog

 午後からの出来事

 新上五島町町会議員選挙に行こうと、家を出た途端、強烈な霧が海辺よりどんどんと山の方へ。

f:id:jyoumonjin:20170416211035j:plain

 鯉も・・・無我霧中だしょうか

f:id:jyoumonjin:20170416211206j:plain

 さて、明日はお大師様。午前中は、S嬢宅でお餅つき。紅白に拵え、仏壇(弘法大師像の前)へ供えます。ここら辺が日本的宗教行事の妙。日本人とは・・・、と、思わず笑みがこぼれます。カカ、仏壇飾りの後、玄関先に竹を使った花生け道具を考案。土台作りはワダスの仕事。また、お接待用食事の具材にと、今期初のフキを採取。未だ早すぎて、やせこけてはいますが。

f:id:jyoumonjin:20170416212519j:plain

f:id:jyoumonjin:20170416212624j:plain

 明日は雨模様。「なんの~、おだいっさまん時ゃ、いっでん、雨ん降っとよ。昼かっ止むばってん。 by S嬢」、とのこと。昨年は、庭の草が伸びすぎていて歩きにくかった経験を生かし、確りと、草刈り完了。

 

      縄文人弘法大師、フム