読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

お宮修理

 一日中、時々お付き合い

 朝一から、大工さん、お宮の修理へ。瓦と板塀です。

f:id:jyoumonjin:20170510214037j:plain

f:id:jyoumonjin:20170516220719j:plain

f:id:jyoumonjin:20170511203509j:plain

f:id:jyoumonjin:20170516220931j:plain

f:id:jyoumonjin:20170516221021j:plain

f:id:jyoumonjin:20170516221121j:plain

 ひとまず、本日の修理は終了。明日は、別箇所の修理。残念ながら、会議出席のため、ワダスの写真は×かもです。可能な限り撮りますが。階段の上り下りに、へとへととなりながら本家の前を通り過ぎる時、かすかに柔らかき香りが。

f:id:jyoumonjin:20170516221642j:plain

 これでは、”荒れ野のバラ”ですが、夕闇迫る海上では・・・・・。

f:id:jyoumonjin:20170516221843j:plain