縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

梅雨前の(?)除草

 取り敢えず終了

 空梅雨なのか、梅雨入りがガセだったのか、雨らしい雨がありません。どうやら、明日辺りから梅雨らしくなりそうで、野菜達へのご褒美となりそうです。

 本日、カカ、雨降り次第芋苗を下ろすため、芋畑の調整。ところが「鍬の上に土ん乗らんとバイ」。乾燥しすぎて、畝作りが思うに任せなかった様子。暑さと相まって、結構、疲労したようです。

 ワダスは、午後から(午前中二人とも眼科へ目薬を戴きに)放棄地4枚を除草。此で、雨対策が終了です。足腰共がたがたでしたが。

 後の除草は、梅雨明けに一巡、お盆前一巡の予定。公園、道路、ダンジッ林等々、”草切り魔”の面目躍如という、好場面続出と相成ります。勿論、話題になる「熱中症」の対策は万全。

 

     「明日は休養しろ」とカカ

広告を非表示にする