読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

猪は、待ってくれんとヨ

 叔母の言葉

 防獣ワイヤーメッシュを注文した時、少し待ってくれと言う、販売元に伝えたそうな。相手にも都合はあるのでしょうが、こと、猪については、待ったなしです。

 気持ちが通じたのか、本日昼前、WMは到着。早速、畑までの運び込み。S嬢のも手伝い準備をして明日以降、本格作業です。叔父夫婦、仲良く、古いメッシュを取り替えていました。

 当家、午後から「のとこ」の作業に少々。ジャガイモの土寄せと追肥

f:id:jyoumonjin:20161001212346j:plain

 雨に打たれて、土壌が流失 ↑ と、土寄せ後のじゃがいも畑 ↓ 。

f:id:jyoumonjin:20161001212823j:plain

 ついでに、蕪の間引き。葉っぱは、白和えの具にするそうです。

f:id:jyoumonjin:20161001212634j:plain

f:id:jyoumonjin:20161001213123j:plain

 

     縄文人、明日は朝から神社の草刈り