縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

ペタンク大会

 2勝2敗の4位

 今回の参加は7チーム(混成チームを入れて9チーム)と、寂しい限りでした。老齢化と人口減なのでしょうか、このままでは、ペタンク大会そのものの存続が危ぶまれます。今日の大会は、「親善試合とします」と主催者。毎年、年4回開催を基本としている由。昨年は3回でした。次の開催(9月予定)は、地方予選の一回目。次には、上五島地区代表を決定し、長崎県ねんりんピックへの参加権を得るようです。

 さて、本日の大会。曇り空・風少々という、絶好のコンディション。競技回数も最大4回とみて、ワダスはサポート・応援団に徹しました。因みに我がチーム、競技者3名、応援団5名の構成。つい最近お子さんを亡くされた方も明るく参加して戴いて、和みました。結果は、決勝トーナメントで、惜敗に次ぐ惜敗。老連会長曰く「今日は、追いつ追われつの、白熱した試合が殆ど。」。我がチームの8名全員にそれぞれ参加賞として、タオルをゲット。明日又、話が盛り上がるのでしょう。何と成れば、

 

    明日は、ミニディ、ワダスは草刈り

広告を非表示にする