縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

慈雨Ⅱ

 地面に少し水たまり

 野菜達には勢いづく湿り気。久しぶりの雨音ではありましたが。側溝に流れる水音を久しぶりに聞いた様にも思えます。

 雨は適度に。梅雨末期の雨も穏便に・・・、と願っています。本日も骨休めでした。

 

       明日の動向は、天候次第

 

骨休め

 の一日

 お陰様で、お尻の痛みが和らぎました。明日からは暫し雨模様となるようです。徹底的に休みましょうか。公園の除草を予定していたのですが、此も、暫く延期の見通し。

 梅雨明けで一勝負と言うところでしょう。

 本日の一枚、ししとうは「あまとうびじん(?)」です。辛みゼロ。是非、お試しの程を。

f:id:jyoumonjin:20170623211939j:plain

 

       明日は、天気次第で公園除草

芋植えパートⅡ

 安息日でしたのに

 あちこちから芋苗が届くものですから、「のとこ」での芋植えを決行。

f:id:jyoumonjin:20170622215206j:plain

 どれだけの芋が出来まするか。ここも、獣害との戦いです。

 

      明日は、何処ぞの草を刈らねば・・・

慈雨のち芋植え

 ダス

 昨日の慈雨にて柔らかくなった畑、頃や良しと芋植え決行。監督叔父、叔母手伝いの中で、短時間で終了。ワダスは、子供の頃以来ですので、ん十年ぶり。植え付け方が少々違っていました。昔は、畝に沿って斜めに芋苗を並べ鍬を使い土を被せていました(鍬植え?)。本日は、一本ずつ畝の峰に溝を作り、植えていきました(手植え?)。どちらが良いのか、最近では、手植えの方が多い様です。

 植え付け前の畑。畝の間、茶色いのは肥料としての流れ藻。そして、植え付け後の様子。

f:id:jyoumonjin:20170621211624j:plain

f:id:jyoumonjin:20170621211922j:plain

 

          後は、猪との戦い

 

慈雨!

 2週間ぶりの雨

 それでも、地面に水たまりが出来る程ではなく、有り難き「干天の慈雨」です。野菜達も、ほっと、一息入れたことでしょう。この慈雨で、明日は、芋植えと言うことになるのでしょう。

 朝一で「のとこ」を徘徊。すると、自由奔放に育つこの子達を発見。ご存じ、ズッキーニ。形が様々。丸で、「おいが、好いたごち育てば良かろうもんが」とも言いたげに、それぞれ、主張しているようです。

f:id:jyoumonjin:20170620215749j:plain

 「雨欲しい」と懇願鳴きしていた”ピョンタ”を捉えました。玄関先で頑張っていましたので、雨乞いを兼ね、パチリ。見事、午後前、慈雨開始です。ただ、一日中の「*****(鳴き声表現困難)」は、飽きました。たかだか3~4Cmの体からほとばしる鳴き声は、他を圧倒する程の迫力です。

f:id:jyoumonjin:20170620220657j:plain

 「新しき住人」とカカ。ただねピョンタ君、過ぎたるは何とやらですよ。

 朝顔とニガウリのコラボで本日お休み。

f:id:jyoumonjin:20170620221536j:plain

 

        「慈雨」は骨休めも

梅雨前の(?)除草

 取り敢えず終了

 空梅雨なのか、梅雨入りがガセだったのか、雨らしい雨がありません。どうやら、明日辺りから梅雨らしくなりそうで、野菜達へのご褒美となりそうです。

 本日、カカ、雨降り次第芋苗を下ろすため、芋畑の調整。ところが「鍬の上に土ん乗らんとバイ」。乾燥しすぎて、畝作りが思うに任せなかった様子。暑さと相まって、結構、疲労したようです。

 ワダスは、午後から(午前中二人とも眼科へ目薬を戴きに)放棄地4枚を除草。此で、雨対策が終了です。足腰共がたがたでしたが。

 後の除草は、梅雨明けに一巡、お盆前一巡の予定。公園、道路、ダンジッ林等々、”草切り魔”の面目躍如という、好場面続出と相成ります。勿論、話題になる「熱中症」の対策は万全。

 

     「明日は休養しろ」とカカ

今日は半分ドンタク

 半ドンです

 文字通り、オランダ語の日曜日(zondag=長崎出島で訛ってドンタクとか)の午後から休み。

 原因は、草刈り機用燃料枯渇。午前中、放棄地3枚+道路の除草でほぼ手持ちを使い果たしました。明日、買い付けに行く予定ですが、郷からの援助が恐らく今回で終了(支給額3千円限度)、でも、半年持ちましたね。来年の総会で、値上げを要求しようかしら。

 簡単に草刈りと言いますが、燃料代・草刈り用ヒモ及び替え刃・管理費等々、結構経費がかかるのです。今のところ、老人会よりの支給金を少々と、「愛護団体(ボランティアによる美化運動)」を通じて、実績に応じ1リットルの草刈り機用燃料と年一枚の替え刃は戴けるのですが、あちこち、やりくりする必要はあります。

 皆さんのご厚意があれば、少しく、集落のために奮闘は出来るのですが、なかなかダス。

 半ドンの中、叔母奮闘。ジャガイモ掘り出すの図です。尚、赤丸の所はミカンの木。

f:id:jyoumonjin:20170618223932j:plain

 

     明日は、燃料入手次第放棄地3枚の除草