縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

「不要不急の外出は控えよ!」

 とのお上のお達しであ~る

 困ったもんです。そのうち「お上が何も言わないから大丈夫ダイ」と、成らなければいいのですが。

 TVニュースに時折現れる現実。本日も「避難命令が遅すぎたのでは?」と某放送局の記者。その行き着く先を考えているのでしょうか。マスコミは、時の権力を監視する責務を負いますが、マスゴミしている現在、自分たちが何をして何の片棒を担いでいるのか、わかっているのでしょうか。芸能人を追いかけている感覚では困ったものでするが。

 マ、国民が目を覚ましませんと、変化は起きないのでしょうね。当地にて、社会的話題は「TVで、こがん言いよったばい、だけん・・・」が普通。その裏側を少し説明しようとしたら殆どが「?????」ダス。元気な頃の叔父がワダスの帰省を待ちかね、一献酌み交わしながら「議論ならぬ議論」をニコニコ顔でしていた裏に「議論相手不在」が有ったと言うことを痛切に感じています。

 昼前、突如役場支所より墓地崖崩れ現場検証。フム、少しく可笑し。追記有りとします。

 

        明日は久方ぶりにお買い物

ヌッ密漁船?

 朝一の港の様子

 「泳ぎに来とっとじゃろ(サザエ採りに) by叔母」。ワダスの目には、尋常に映りません。何故集団?色々と、取り決めがあるのでしょうか?。仮に、この船をワダスが操船していますと、完全に”密漁”理由は”漁業権不保持”

f:id:jyoumonjin:20180718215344j:plain

 ところがこの船団、午前9時頃には、全船退却。何だったんでしょう。シャジャ(サザエ)が採り尽くされて、いなかったのでしょうか。

 故郷へのUターン前、夏帰省はお盆時期。その頃の海にシャジャはなし。随分と、寂しい想いをしておりましたが、この様に、一斉に採り尽くしていたのでしょうか。

 夏帰省の子や孫のため、少しは”漁の楽しみ”を残して欲しい気はしているのですが、無理筋なのでしょう。

 西日本豪雨大災害における窃盗・詐欺等々、人の弱みにつけ込む”悪しき人達(弱き人達)”横行に、「日本人ではない!!!」との腹立たしさを覚えているこの頃、人心の荒廃極まれりとの、感ありです。これは、宇宙よりの呼びかけであるのかどうか。

 

           カカ、正常に

 

 

暑いといろいろ

 起こります

 カカ「首ん痛うして・・・」で、一日不調。若しかしてと、叔母の血圧計を借り測定。「138/85」。な~んだ、適正値じゃん、はワダス・叔母。が、これを病院で計っていたら、即、薬物治療開始。

 「血圧が上昇し気分が優れない時は、”若しかして”体が休息を求めているかも」と、叔母にアドバイス

 WHOにて、「赤ちゃんを母乳で育てよう」決議案を採択するに、ダメリカが反対したそうです。勿論、粉ミルクメーカーへの、緩く言えば忖度、そのまま言えば、代弁者!!。WHOは言わずと知れた、ダメリカ製薬会社の傀儡。後は、読者諸氏にて、ご考察の程を。

 最近見つけた記事の中に「異常な暑さと異常な寒さの同時存在は、小氷河期の特徴」が有りました。なる程、世界中で起きている気象現象の中で、例えば、同時期に、長崎県で大雪・佐賀県で異状熱波・・・、の意味が融解。興味ある人は、大雪と熱波の地理的状況を調査すべし。今や、小氷河期へと進んでいるのは明白。心していましょう。

 

         明日も暑さにふんにゃりか~

虚無!

 子供用語「なんだかな~」

 子どながたくさん。きちんとした理屈が通りません。

 若しかしたら、私自身が変なのでしょうが、兎に角、言葉が通じないのです。

 ここ一月程色々と考えてみまして得た結論は「ここの人達、TXは持っていてもRXは持っていない」ということ。(TX;送信機・RX;受信機)。確信したのは、「皆さん、聞く耳持っていない byカカ」ダス。

 今日はこれまでとしておきましょう。そのうち、書くこともありましょうから。

 

             ハフッ

暑~して・・・

 な~んもする気無し

 午後から渋々出かけたお買い物、車の温度計は35度。

 少し、暑さに慣れてはきていますが、用心はしています。草たちの呼び声にどれだけ応えていけまするか、これから、これから・・・。

 

             ダス

浮いた浮いた

 と、浜町河岸に

 明治一代女(美空ひばり豆千代他)ではありません。

 本日は早朝より海岸清掃。6時前には動き出している人達発見。現着後、ゴミ等の多さにびっくり。

 清掃人は、とても若い人という人達ではなく、それでも、黙々とゴミを拾い、焼却。数年後、参加してくれる人は何人になるのでしょう。息はしていても、動ける人は限られてきます。「出来る範囲でやれば良か、ち、言いよっとたい。 by他地区代表」に同感。話が通じそうな人に出会った感じです。終了は、10時過ぎ。

 午後からは体が動かず、夕方の火回りのみと決断。ウトウト後、海岸へ。少し煙の気配有りと言うことで、持って行ったバケツで、海水注水。燃え残った伐採木等は、明日以降、処理予定。

 で、浮いた浮いた・・・は、この後の海水浴まがい。毎年悩まされる皮膚疾患の予防も兼ね、今年初海の中へ。浮きすぎです、体が。海に体を委ねた途端、否応なしに海面まで持ち上げられる体。フム!!!とお腹を眺めること暫し。「石ば抱けば?」とカカ。これでは、潜水出来ませんね。それこそ、鉛を背負って潜ることになりそうです。

 

             明日は?

暑中草刈二日目

 が、

 昨日の続きを始めた頃、二人の若者が坂道を下ってきます。

 「どなたさんでしょう?」「NTTです。」「あ~、○○さん宅?直ぐ其所ですよ」。叔父の所の電話もおかしいと言うことを聞いていたので、早合点、実は、拙宅への訪問でありました。

 「昨日、お宅(NTT)から21日作業予定とのことで、連絡が有りましたが。」に、「実は、昨日の作業が大幅に進捗致しまして、今日になりました。」とのこと。

 聞けば、

 「広島・倉敷等、手を付けられない状態で、二次災害の危険性大」のため、未だ無計画(?)状態。「当地区には、県外より、派遣された」らしいです。言葉なまりは伏せます。電信柱を3~4本登る若者に「高所恐怖症の人はNTT不合格?」との問いに「いいえ。慣れろということです。」とニヤリ。

 当家電話不調の原因は、どうやら伸びすぎた木々に押されて断線した箇所があるらしいとのこと。フム~です。あれやこれや、麦茶の差し入れ等を含め、最終チェックの立ち会い等々で、結局、草刈行は、昨日本日合わせて伸びすぎ畑2枚。

 ま、良かでしょう。少しずつ体も慣れてきていますし。

 午前中、叔母共々お買い物。金曜日は叔父のリハビリディのため、時間が空きます。で、叔父、今回より歩行時に二本杖を使用、カカの提案だとか。帰りの坂道下行は”シャカシャカ”、作業の手を休めて見ていたワダスはニンマリ。「登りは一人で早かったとよ。」と、カカの言が頭にありました。次回から、ある種の楽しみが加わります。

 

        明日は7時から海岸掃除