読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文のある風景

古里の四季折々に、ゆったりと流れていたであろう「縄文」に思いを重ねて

トクッテン作り

 トクッテン(心太)をお大師様用に

 お大師様の季節です。お大師様とは、弘法大師空海に祈願した各家がそれぞれ弘法大師を祀り、お参りする方々をお礼の意味で、「お接待」する行事です。東京オリンピック誘致用セレモニーで、歯の浮く様な「お・も・て・な・し」とは、格段の差があると思います。

 まず、保存していた海草(テングサ)を大鍋に掛け煮出します。次に、煮汁を絞り出し、モロブタに流し込み、固まるのを待ちます。なお、火の元になっているのは、主として伐採木です。場所は、S嬢家。手タレは、叔母とカカ。

f:id:jyoumonjin:20170413215439j:plain

f:id:jyoumonjin:20170413215718j:plain

f:id:jyoumonjin:20170413215813j:plain

f:id:jyoumonjin:20170413215914j:plain

f:id:jyoumonjin:20170413220006j:plain

 そして、泡を取り除きます。結構、手がかかるんですよ。

f:id:jyoumonjin:20170413220151j:plain

 最近の三人娘、ブログ用写真と言うと、協力的でして、動きがスムーズです。

 お陰様で、今宵のアテは、おこぼれの「ぬたトクッテン」。うんめ~ぞ。

 

       縄文人の、明日は草刈り

お主、無慈悲よの~

 と宣うワダス

 午後、トーキビの植え付け後、カカ、苺の移植を開始。「のとこ」横の苺畑から、花を付けている株をプランターに移し替え。「なしてネ?」「鳥から喰われるけん。」「???お主、無慈悲よの~。」「そうだよ~ん。」鳥さんごめん。

f:id:jyoumonjin:20170412221649j:plain

 プランターは二つ目。実を付け始めたら、網掛けします。

f:id:jyoumonjin:20170412222228j:plain

 トーキビ移植は・・・。種から育てた苗を、「のとこ」に。後、小鳥に啄まれない様に防鳥網を設置。

f:id:jyoumonjin:20170412222646j:plain

f:id:jyoumonjin:20170412222943j:plain

f:id:jyoumonjin:20170412223052j:plain

 今日は、時系列が逆順です。従って、次は、午前中。

 叔父の要望(非常に珍しい事です)にて、服購入に有川まで。

f:id:jyoumonjin:20170412223449j:plain

 購入物は・・・・・。ま、叔父ファンの方、元気な姿をご覧じあれ。昼食は、浦桑のスーパーの一角。「我が家では、あんまり食べんとに。」との叔母を知ってか知らずか、うどんを完食。「余所の物は一味違うとたい。」と、カカと二人、思っていることを。

 「一週間に一度は、買い物行で、連れだそうよ。」と、叔母に提案。視覚からの情報は脳をかなり刺激する云々(デンデン)と、蘊蓄を傾けるワダスではありました。今晩の叔父、かなりの夢を観ることになるのでしょうね。

 

     縄文人、明日はトクッテンと草刈りと

寒の戻り

 だしょうか

 雨と風。一日、作業が出来ません。隣は、何をする人ぞの状態です。加えて、冷たい風。三寒四温の季候ですので、ある程度は仕方有りません。しかしながら、日本特有の”四季”は、未来永劫、残して欲しい物です。

 さて、浅田真央さん、引退表明ですね。昨年辺りから危惧してはいたんですが、残念です。でも、ここまで日本のフィギア(スケート)界を引っ張って来たのは、真央さん、貴方ですよ。天狗にならない程度に、自慢しまくって下さい。今まで、ありがとう。

 人の現役引退、タイミングは、非常に難しいのです。未だ現役の諸君、其処の所を良く心得、間違えない様に。一番醜いのは、所謂”しがみつき”です。人間の欲は果てしがありませんので。

 

      縄文人、氷の上で何をした?

桜流し

 満開の桜がこの雨で・・・

 木の芽萌やしと言った方がいいのかもしれません。畑の野菜類は言うに及ばず、各野草、木々・・・、一雨毎に成長していくのが、手に取る様に分かります。今日と明日の天候次第で、ワダスの好敵手達がズンと伸び、さあ来い!と、待ち構えることでしょう。

 明日は、雨との相談で、トーキビ(=トウモロコシ)の第一回植え付け。昨年は、これからという時期に、獣害に会い、泣きの涙でした。今年は、一応、WM(ワイヤーメッシュ=獣害防止網)を張り巡らしていますので、大丈夫でしょう。

 いよいよ春本番、そして、初夏。忙しくなりそうです。

 

       縄文人、本日は休養日

草刈り開始!!!

 曇り空の下

 草刈り開始です。取り敢えず、様子見程度。例えば、「のとこ」の奥、”フキ”を残して、刈り込みます。

f:id:jyoumonjin:20170409211113j:plain

f:id:jyoumonjin:20170409211253j:plain

 午後から、果樹畑(made by 叔母)と余所家の畑。刈り取った草は、いずれ、灰になります。

f:id:jyoumonjin:20170409211746j:plain

f:id:jyoumonjin:20170409211941j:plain

f:id:jyoumonjin:20170409212119j:plain

f:id:jyoumonjin:20170409212227j:plain

 猪君達が掘りたくった穴に足を取られ、痛めていた足首に衝撃が「猪に、損害賠償させようで。 by カカ」。そのカカ、久しぶりのショット。集落上の”そめい”が満開。そして、ワダスが久々登場。相変わらずの胴長短足(倅はコメを縦に食べ、ワダスは、麦を横にして食べたのダス。身長差はそのため。)。

f:id:jyoumonjin:20170409212638j:plain

f:id:jyoumonjin:20170409213032j:plain

 

      縄文人、久方ぶりのお役立ち

Foggy Morning Again!!!

 やれやれです

 今朝の方が濃く・・・

f:id:jyoumonjin:20170408230148j:plain

f:id:jyoumonjin:20170407211800j:plain

f:id:jyoumonjin:20170408230306j:plain

f:id:jyoumonjin:20170407211954j:plain

 予定していたお花見は、青方くんだりまで軽乗用車3台で〈結果的には周りの桜を見ながら、人数分のお弁当をゲットしただけで〉いつもの会場で、ミニディを挙行した由。ワダスと、叔父、定員(軽自動車だと定員オーバーダス)に含まれず、自宅で寂しく(楽しく)お弁当を食した、という一日でした。

 明日は、風を除けばヨカ天気。草刈り開始ダス。

 

         縄文人、腕を無すか

Foggy Morning

 一瞥を

 海岸では・・・

f:id:jyoumonjin:20170407211800j:plain

 トトロの森を臨み・・・

f:id:jyoumonjin:20170407211954j:plain

 そして、草刈りに備え草刈り機用燃料調達行、その途中・・・

f:id:jyoumonjin:20170407212222j:plain

 午後からは、夏に備え、ゴ~ヤ~の植樹、遮光を兼ねます・・・

f:id:jyoumonjin:20170407212516j:plain

 なんやかんやで、一日終了。天候不良につき、余り動けません。晴れたら、草刈り、竹取、伐採木の整理等々、山積しています。

 

    動ける楽しみに、縄文人ニヤリ